代表挨拶

国際学生会議所事務総長の高松 優至と申します。我々は、国際連合の理念に賛同し、国際的な学生の連携による国際協調への貢献を図り、世界の繁栄と平和に寄与する事をミッションとしています。

変化する世界情勢を受けて、今後グローバル社会を牽引して行く学生であるからこそ、世界各国の学生と友好親善を深め、持続的且つ強固な信頼関係を構築する事が望まれます。その為にも、これまでに構築したネットワークを生かしながら、 日本以外の国や地域での各国学生会議所設立を行い、国際会議や年次総会を通して目的を達成するべく各地で活動しています。

今来、多くの方々に格別のご厚情を賜り、心より感謝しております。国際学生会議所に於きましても、日本を本部として世界の国々の学生を代表する国際組織として邁進して参りますので、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和元年11月
一般社団法人国際学生会議所事務総長
高松 優至

運営メンバー紹介

運営に携わっているメンバーを五十音順に紹介します。項目は以下の5つです。

①名前(あだ名なども)、②学年、③大学所属先、④趣味、⑤私にとってのUNISC/動機など

事務総長

①高松優/Takamatsu Yushi

ゆうし/tまつ

②修士1年

③東京大学公共政策大学院

④読書・Youtube鑑賞、バイオリンなど

⑤動機: 高校卒業まで海外とは無縁の生活をし、大学3年生まで全く別の他のサークル活動に力を入れていました。自分が本当に興味のあること、やりたいことは何かと考えたとき、自分の知らない世界を知ることにワクワクすることから経験は少ないながらも海外と日本をつなぐ活動をしてみたいと考え、UNISCに出会いました。実際に活動してみて難しいところは多々ありますがUNIACという年1回の大きなイベントを中心に自分次第でたくさんのことを経験し、学ぶことができる素晴らしい環境だと思っています。これからもUNISCが世界中の学生にとって魅力的な団体になるように頑張っていきたいと思います!

副事務総長

①中西加恵/Nakanishi Kae

大学では、かえ、と呼ばれることが多いです☺️

②大学3年

③商学部商学科

④最近ではジムに通って、水泳をしています🏊‍♀️また、茶道サークルにも所属しているため、茶道や着付けもできます🍵✨

⑤小さい頃から、日本に留まらず世界中に貢献できる仕事に興味がありました。そこで、Facebookを通して、東京大学が開催地である「Woman’s Leadership Summit」に参加したことで、UNISCの存在を知りました。

UNISCの特徴は、唯一、東京に本部がある団体で、かつ他団体より歴史が浅く、土台を作り上げることができるです。私は、この2点を魅力に感じ、参加するに至りました😌✨

2020年度の活動では、会議で積極的に発言する姿勢や英語力をさらに身につけていきたいです💪🏻 また、UNISCの存在を世界中の人々に知ってもらうためにも、広報活動にも力を入れて、団体に貢献していきたいです!

①中村渚/Nakamura Nagisa

なぎさ、なぎちゃん、なぎさん、と呼ばれることが多いですが、クリスマス生まれなのでsantababyというミドルネームもあります😂

②大学5年

③上智大学総合グローバル学部

④母がきっかけで始めたハワイの伝統舞踊のHulaは、学び続けて16年目を迎え、毎年ハワイのステージに立っています🌿あとは茅ヶ崎出身であることや海から名前をもらっていることもあってマリンスポーツも大好きです🌊💙

⑤家族の影響で昔から海外が身近で、その未知な世界で活躍する憧れの存在が外交官や国際公務員だったため、将来を意識し始めた時から「公の利益のために尽力したい」という思いは自然と自分の軸になっていました。進路準備のために1年間大学を休学していた際にUNISCのメンバー募集の告知を見つけ、日本初のユース国連NGOだからこそ経験できるチャンスが絶対ある、という直感に従って飛び込んでみました。昔から、全体を率いるリーダーよりかは、リーダーが動きやすいように黒子に徹するタイプでしたが、UNISCでは今年度の年次総会(UNIAC2020)の実行委員長というリーダーの立場をあえて経験し、机上の勉強だけでは出会えない学びに日々ときめいています🌏📖💭UNIAC2020では、昨年7月に国連NGOの仲間入りを果たしたUNISCが今後さらに発展していけるよう、その土台づくりの一手をしっかりと担っていきたいです😃

メンバー

①小鉄礼子/Kotetsu Reiko

②大学1年

③東京外国語大学言語文化学部トルコ語専攻

④読書、言語学習(今はトルコ語の他フィンランド語、フランス語を勉強中です!)

⑤外国語を学ぶ中で国際関係やジェンダー論に興味を持つようになり、学生という立場で何ができるかを考えていたところUNISCの活動を知り、総会やWLSに運営側として関わりたいと思い参加しました。活動を通して視野を広げ、自分なりの問題への取り組み方を模索していきたいです。

①頃安彩夏/Koroyasu Ayaka

大学では、頃ちゃんと呼ばれています。

②修士1年

③東京大学公共政策大学院

④旅行、映画鑑賞(Amazon prime, netflix)など

⑤外交・国際関係に長いこと関心があり、普通の学生生活では経験のできない人や組織のつながりを得たく、この組織に加わりました。今後は、UNISCが大学生なら誰でも知っているような団体になれるよう知名度向上にむけて、頑張っていきたいです。そこで、社会人になるまでに、UNISCの活動を通じて、国際社会の平和と繁栄に貢献し、日本のプレゼンスを向上させられるような原動力を身に付けたいです。

①橋本彩夏 / Hashimoto Ayaka

②大学1年

③青山学院大学総合文化政策学部

④カメラ📸、映画鑑賞🎬

⑤高校生の時生徒会に所属しており渉外を担当していた事がきっかけで、他校の生徒を交えた討論会の運営などをしていました🗣 そこで芳賀さんが創設したUNISCの高校生版(ISCO)の運営をしていた事もあり、高校卒業のタイミングでUNISCの運営に誘っていただきました❗️「国内だけで留まらず世界へと大きく視野を広げていける点」に魅力を感じ、今後UNISCが更に成長していける土台づくりを担えたらと思い運営に入ることを決意しました☺️ 今年はまだ入りたてで知識も経験もないため、自分なりに積極的な参加を目指しています。よろしくお願い致します🙏🏻

①馬場千智/Baba Chisato/تشيساتو بابا

スペイン語名でElenaがあります。ちさとでもエレナでもどうぞ。

②大学1年

③慶應義塾大学法学部政治学科

④スペイン語、アラビア語勉強、国際政治、ラジオ、料理

⑤高校から模擬国連や模擬裁判、WSCなど様々な課外活動をしており、大学でも新たに始めようと思っていましたが大学のサークルが合わなかったのでUNISCに参加しようと思いました。UNISCの運営を通じて企画力を養いたいです。また国際政治の知識や論理的思考力を身につけたいです。そして将来は緒方貞子さんのようにUNHCRで人道支援を行いたいので、国連NGOのUNISCを通じて国際機関を知って行きたいと思います。

①古川遥/Kogawa Haruka

②大学2年

③津田塾大学国際関係学科

④Netflix鑑賞🎬

⑤自分の知識を広げたり実際に足を動かすことのできる活動を探していたときにUNISCを知りました。ジェンダー論を主に勉強していて国際機関での仕事にも関心があるので、それを活かしていけたらいいなと思っています☀️

①山上修吾/Yamagami Shugo

一部の人には何故か修ちゃんと呼ばれています

②大学2年

③一橋大学法学部

④旅行・アメコミ・

⑤中学の頃から国際的な仕事がしたいと漠然と考えており、大学に入り机上で受け身で国際関係論を勉強するだけではなく、自らアクティブに国際関係を学べる環境を求めていました。そんな中、UNISCのメンバー募集の告知がメールで流れてきて、そのような環境に自分を置けるだけではなく、同じような興味・志を持った人にも出会えるのはないかと思い応募しました。UNISCでは大学ではできないような幅広い活動に関わっていきたいです~!

①萬日向子Yorozu Hinako

②大学3年

③早稲田大学国際教養学部

④チアリーディング、ダンス、その他ステージパフォーマンス

⑤私は幼稚園からインターナショナルスクールに通い、海外の現地校や日本の帰国子女学校に通ったというグローバルなバックグラウンドを持っています。高校生の頃、国連英検のための勉強を進めている中で国際機関の仕事に対しての興味が大きくなり、学生の時からでもこのような活動に関われないかと考え、UNISCへの応募に至りました。